MENU

薄毛の男性の8割はAGAが原因!?理由や対策、最新の治療法を一挙紹介

AGAはきちんと対策を取れば予防・改善できる!最新の治療法や早期治療の大事さのまとめ

 

ある日、妻に「髪の毛がだいぶ薄くなってきたね。年相応だろうけど、やっぱり老けて見えるよね」と言われて逃げ出したくなるほどショックでした。私はM字ハゲタイプなので、言われなくても自分で分かっていました…髪型が決まらないんだもん、分かるよ…家系的にも薄毛だし…。

 

薄毛・抜け毛に悩んでいる人にとって「AGA治療が気になっているけれど、本当に効果があるのか不安…」というのが本音。かくいう私も、やっぱり最初は「AGA治療で本当にハゲが治るのなら、そこらじゅうに薄毛の人たちがいるのはおかしいんじゃないのか」と、自分じゃ試してもいないのに、ろくろく調べもしないのに懐疑的でした。

 

でもネットや口コミ、体験談を見るとやっぱり「AGA治療!病院!クリニック!プロペシア!ミノキシジル!」とみんながこぞって取り上げています。

 

そこで色々と調べました。「仕事でもこれくらい頑張れたら良いのに」と思えるくらい熱心に調べました。個人的に「ハッ!」となったのが一般人と比べて芸能人に薄毛やハゲの人はあまりいないということ。突き詰めて調べると、やっぱりAGA治療を受けていたんです。

 

分かりやすいのはお笑い芸人の宮迫博之さん。今はフッサフサですが、以前は薄毛をいじられて、裏で本気で怒っていたんだとか。また岡村隆史さんも現在進行形でAGA治療を行っているそうで(ラジオで頻繁にネタにしています)、かなり改善されているのが見て取れます。他にもまだまだたくさんの芸能人がAGA治療を行っていることが分かり「これは試してみる価値はあるかも」ということで実践!

 

ここでは以前の私と同じように、薄毛や抜け毛を気にし、ハゲである自分を認めたくない、嫌だという人に向けてAGA治療や最新技術、様々な育毛方法についてまとめました。主に病院やクリニックでのAGA治療の現状や治療効果、治療方法を中心に、自分で出来るAGA対策についても紹介していきたいと思います。

 

AGA治療の効果のほどは?本当に薄毛や抜け毛が改善されるのか?

 

医療科学が進んだ現代、AGA(男性型脱毛症)の治療方法も変化し続けています。新しい技術が開発され、それがニュースとなり、薄毛に悩んでいる人は「早く実用化してくれ!」「ぜひ試してみたい!」と思うところではないでしょうか。

 

現状は『プロペシア』『ミノキシジル』を服用するのが一般的なAGA治療ですが、2016年11月より新たに認可される『ザガーロ』にも注目が集まっています。

 

また服用薬だけでなく『リデンシル』『キャピキシル』『ピディオキシジル』などの新・育毛成分が次々と登場するなど育毛・発毛シーンは常に変化し続けているのが見て取れます。

 

新しい技術が登場するのは喜ばしいことだとわかっていますが、結局肝心なのが「本当に効果があるのか?」「改善の見込みはあるのか?」ということ。

 

AGA治療薬を使うと80%以上の高確率で薄毛が改善される

現在病院やクリニックで主に使用されているAGA治療薬は『プロペシア(フィナステリド)』と『ミノキシジル』の2つの医薬品です。これらの臨床データ、実証例の統計を見てみると80%以上の人たちが薄毛を改善できたとのことです。

 

「8割の人が薄毛を改善できたのならスゴイ!」と考えるか「あとの2割の人はダメだったの?」と考えるか…は人によって感じ方が変わってくるかもしれません。個人的には「8割もあるなら、かなり期待できるんじゃないのかな?」と思っています。

 

AGA治療は長期に渡る?継続することが前提

詳しいデータが公表されているわけでは無いので私の推測になってしまいますが…AGA治療でもダメだった2割の人は諦めるのが早かったのではないかな、と考えます。

 

口コミや体験談を見てみると「プロペシアを飲み続けたけれど効果が実感できなかった。自分には合っていなかったみたいだ」といった内容が結構多いように感じられました。具体的にどれくらい継続したのかは定かではありませんがAGA治療の効果が実感できるのは早くても3か月目以降、大半は6か月〜1年ほどかかると言われています。

 

なかなか発毛効果が実感できないのに、毎日お薬を飲んで、毎月病院に通って…では不安になる気持ちも分かります。しかし1か月や2か月でやめてしまっては、生えるものも生えてこないことを知っておかなくてはなりません。「まずは3か月続けてみる」をAGA治療の合言葉にするべきだと思います。

 

 

AGA治療は早期治療が大事!薄毛が進行するとその分だけ回復が遅くなる

AGA治療を受けて、すぐに効果を実感できる人もいれば、なかなか効果が現れない人もいます。一説には完全に髪の毛が生えなくなってから5年が経過するとAGA治療の効果がほとんどみられない、という意見も。

 

つまりAGA治療は薄毛の進行が浅いうちに、早期治療がとても重要だと言えます。言い換えれば「ちょっと薄毛が気になるかも」「前よりも髪型が決まらなくなってきた」と感じた時がAGA治療に踏み切る良いタイミング、と言えるかもしれません。

 

AGA治療はどこで受けられる?選べる3つの選択肢

現在のAGA治療は主に医薬品(プロペシアやミノキシジルなど)を使用して進めていきます。日本だけでなく世界的にも支持されている治療方法なので実績と信頼があります。

 

一般的にはAGA専門病院で診察を受け、処方してもらいます。ですが専門病院だけでなく、一般病院で処方してもらったり、個人輸入でAGA治療薬を手に入れることもできます。大きく分けると次の3パターン。

 

  • AGA治療専門病院・クリニックで受診
  • 一般病院(皮膚科など)で受診
  • 個人輸入でAGA治療薬を手に入れる

 

それぞれメリット、デメリットがあります。特徴を踏まえたうえで、どれを選択するのか判断しましょう。

 

AGA治療専門病院

一般病院とは異なり、ただ診察・処方するだけでなくその他のサポートが受けられるのが魅力です。

 

メリット

  • AGAに関する知識や経験を持つ医師の診察が受けられる
  • 数多くの経験から一人ひとりの患者の症状に合わせてベストな治療方法を提案できる
  • オリジナル発毛剤を開発・導入しているところやメソセラピー(発毛剤を直接頭皮に注射する)を提供しているところが多い
  • 治療以外の薄毛改善方法や日常生活のアドバイスが受けられる
  • 精神的なサポートも期待できるので続けやすい

 

デメリット

  • 治療費が高くつきやすい
  • 限られた病院しか無いので通いづらい人も出てくる

 

一般病院

特にAGA治療を掲げていない病院、主に皮膚科が該当しますが、これらでもAGA治療が受けられる場合があります。しかし皮膚科だからといって必ず治療が受けられるとは限らないため、電話などで事前に確認しておいた方が良いでしょう。

 

メリット

  • 医師の診察を受け、AGA治療薬の処方が期待できる
  • 比較的病院を見つけやすい

 

デメリット

  • 治療費は決して安くない
  • 発毛目的ではなくAGAの進行を抑えることを主眼としているところが多い
  • 治療経験の少ないドクターに当たる可能性がある
  • ただプロペシアを処方するだけのところが大半

 

個人輸入

日本国内ではプロペシアやミノキシジルを購入することが認められていません。ミノキシジルに関しては『リアップシリーズ』のみ販売されています。しかし海外では普通に販売されているため、個人輸入で購入できます。もちろん法律に引っかかるわけでは無いので心配不要です。

 

メリット

  • ネットで手軽に購入できる
  • 通院する必要が無い
  • 比較的安価に済ませられる

 

デメリット

  • 何があっても完全自己責任
  • 症状に合わせて自分で薬の量をコントロールする必要がある
  • 類似品、偽造品、不良品などのリスク
  • 副作用が起こっても相談できない

 

AGA治療にかかる費用はどれくらい?月々の負担額は?

さて、AGA治療にはいくつかの候補があることが分かりました。次に気になるのがどれくらいの費用がかかるのかではないでしょうか。これに関しては一概に「○○円!」と断言できないのが正直なところです。

 

AGA治療は自由診療なので保険適応外

AGA治療には保険が適応されません。なので全額負担しなくてはならないことに…。それなりの費用がかかってしまうのは仕方の無いところ。

 

で、自由診療ということは値段はそれぞれの病院やクリニックが設定できる、ということになります。つまり通うところによって必要な費用が異なります。また「どこまで髪を生やしたいのか」「現状の進行具合がどの程度なのか」によっても変わってきます。

 

薬の処方以外にも検査代などの費用が発生するのでもう少し多めに見積もっておく必要があるのも覚えておかなくてはならないポイント。AGA治療専門病院なら月額1万5000円〜3万円が相場だと言われています。

 

最近では従来と比べてかなり安い料金設定の専門クリニックが増えてきているので、費用が気になる方や最低限の治療(薬の処方のみ、など)で済ませたいなら検討してみる価値がありそうです。

 

AGA治療にかかる期間はどれくらい?早くても3ヶ月は継続する必要がある

AGA専門のクリニックで治療を行うと月額1万5000円から3万円くらいかかるわけですが、これをどれくらいの期間続ければ良いのかについては人それぞれ状態によって異なるので一概には言いづらいところです。

 

比較的AGAが進んでいない人なら3ヶ月程度で効果を実感し始めることもできるようですが、大半の人は6ヶ月〜1年くらいは治療を続けなくてはならないと言われています。

 

また程度によってもっと長い期間にわたって治療を続ける必要も。どの程度まで髪の毛を増やしたいのかによってもまた変わってくると思います。とりあえずまずは半年間続けることを目安に考えるのが良いでしょう。

 

AGA治療に副作用はある?プロペシアやミノキシジルの副作用

現在主流となっているAGA治療は薬を使用するものです。医薬品なので当然副作用のリスクがあります。主に使われている発毛剤が『プロペシア』と『ミノキシジル』になります。

 

プロペシアの副作用

副作用が出るか否かはかなり個人差があるようです。主な症状として性欲減退と男性機能の低下が挙げられます。普通に生活する分には特に問題はありませんが、例えば子どもをもうけようと思っているときには不適切かもしれません。

 

副作用の発症率は1.8%くらいで程度もかなり軽い

男性にとって、プロペシアによって男性機能の低下はかなり深刻なように感じられるかもしれません。しかしプロペシアによる副作用の発症率は全体の1.8%程度だと言われています。また程度もあまり重くなく、使用を中止すればすぐに元に戻ることも示唆されています。なのでそこまで重く感じる必要は無いかもしれません。

 

ミノキシジルの副作用

次にミノキシジルについてです。こちらは血管を拡張することで血流を増加させ、これによって発毛効果を得ることを目的としています。全身の血行が良くなるということは、髪の毛だけでなく体毛も濃くなってしまう可能性が高いです。またミノキシジルはもともと高血圧の薬なので血圧関連や心臓関連に不安のある方は利用できません。その他にも頭痛や吐き気などの副作用が見られることも。

 

ミノキシジルは必ず医師に相談した上で利用しなくてはならない

心臓や血圧などに影響を与える薬なので、ミノキシジルは必ず医師に相談した上で利用しなくてはなりません。もしも個人輸入などで手に入れて、不用意に使ってしまうと重い副作用に悩まされる可能性があります。場合によっては深刻な事態に陥る可能性も。

 

AGAの原因は何だろう?単純に遺伝や体質だけが理由ではなかった

ところで、若いうちから薄毛に悩まされる人もいれば、年を重ねても髪の毛がいつまでもフサフサの人もいますよね。そうなると「AGAの原因は一体何なのか」という部分が気になるところです。

 

AGAの主な原因は遺伝・体質によるもの

皆さんも経験的にわかっていることだと思います。AGAはほとんどが遺伝によるもので、薄毛になりやすい体質が存在しています。

 

そもそもAGAがどうして発症するのかというと、男性ホルモンの一種である『テストステロン』が『5αリダクターゼ』という酵素と結びつき『ジヒドロテストステロン』というホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンの血中濃度が高まると髪の毛の成長が阻害され、徐々に髪の毛が薄くなっていてしまう、という仕組みです。

 

AGA治療で用いられているプロペシアはテストステロンと5αリダクターゼが結びつかないように働きを阻害する効果を持っています。だから服用し続けると徐々にAGAが改善されていくわけです。

 

テストステロンは男性ホルモンなので当然女性寄りも男性の方が多く分泌されています。テストステロン自体は筋肉を作ったり、体毛を濃くする働きがあって、より男性らしい体を作り上げるために必要不可欠。テストステロンが多い分にはメリットが多いのですが、その分だけジヒドロテストステロンに変化してしまう可能性が高く、これがAGAになりやすい人とそうでない人の違いと言えそうです。

 

生活習慣がAGAを加速させている!?

AGAに悩んでいる人の中には「両親や両祖父母に薄毛の人はいないのに、どうして自分だけ…」という方もいらっしゃると思います。

 

実は生活習慣の乱れによってAGAの進行具合が加速することも分かっています。例えば慢性的な運動不足が続いていたり、食生活の乱れによる栄養バランスの崩れなどが挙げられます。また極端に睡眠時間が短い人が増えているのも問題視されているポイントのひとつですね。

 

こうした生活習慣の乱れがどうしてAGAに結びつくのか。私たちはストレスを感じると男性ホルモンがより多く分泌されるように作られています。これは人間関係や仕事などのストレスもまた同様です。

 

常にストレスを感じる生活を送っていると慢性的に男性ホルモンが分泌され続けることになってしまいます。つまりAGAの原因であるジヒドロテストステロンが生成されるリスクが高まってしまうわけです。

 

完全なストレスフリーな生活を手に入れるのは限りなく難しいですが、毎日のちょっとした心がけでAGAの進行がストップしたり、改善されることも珍しくないそうです。

 

もしかすると円形脱毛症の可能性も
AGAは主に前頭部、頭頂部から徐々に薄毛が進行していくのですが、局分的な脱毛が起こっている場合は『円形脱毛症』かもしれません。

 

主にストレスによって引き起こされていると考えられており、男性ホルモンによって生じる脱毛ではありません。なのでプロペシアやミノキシジルを服用しても改善されにくく、ストレスを取り除いてあげれば自然と元に戻っていくケースがほとんど。

 

500円玉くらいの局部的な薄毛や抜け毛が起こっている場合は円形脱毛症を疑うべきです。自分で判断するのが難しいと思ったら最寄の皮膚科に相談するのが良いと思います。

 

AGAに前兆はある?当てはまるものがあったら早めに治療を検討すべき!

「もしかするとAGAかもしれない…けれどハゲというにはそこまで進んでいないような気がする…」

 

私も最初はそうでした。もしかするとこのままハゲていくのかな…?と不安になったものです。これを読んでいらっしゃる方の中にも、同じような方がいるでしょう。そこでAGAの前兆について紹介していきましょう。

 

前頭部、頭頂部のどちらかの髪の毛のボリュームが減ってきた

AGAは髪の毛全体が薄くなっていくわけではありません。個人差がありますが、頭頂部or前頭部から進行していくのが一般的です。つまり側頭部、後頭部はあまりAGAの影響を受けることは無いと言えます。

 

例えば前頭部から始まるAGAの人なら、おでこが前よりも広くなってきたような気がする、主に前髪のヘアスタイルが決まらない…といったケースがあってはまります。

 

頭頂部から始まるAGAの人なら、髪の毛の分け目が以前よりもかなりハッキリと出るようになってきた、つむじが前よりも大きくなったような気がする…といったケースになります。

 

特に頭頂部から薄毛が進行していくタイプの人は、自分ではなかなか気づけません。鏡ではなかなか見られない場所ですから仕方が無いですね。なので仲の良い人にチェックしてもらうのが1番良いと思います。

 

以前よりも髪の毛が細く、柔らかくなった

これも典型的なAGAの前兆です。昔と比べて髪の毛が軟らかくなったなと思ったら、AGAの入口に踏み込んでしまったものだと考えて差し支えないでしょう。

 

「前と比べて細く、柔らかくなったかなんて分からないよ」という方は、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の髪の毛と比べてみるのがオススメです。あまり太さや柔らかさに違いが無いようならそこまで心配しなくても大丈夫かもしれません。もし顕著に違いを感じているのなら、着実にAGAが進行しているものだと考え、AGA治療について検討し始めるタイミングと言えるでしょう。

 

同世代の人達よりも髪の毛が少なく感じる

AGAはかなり個人差が出やすいので一概には言えないのですが、もし周りに同世代の人たちがいて、みんなは髪の毛フサフサなのに自分は薄くなってきているような気がする…と感じるならAGAを疑ってみるべきかもしれません。

 

個人差はあるものの、基本的には年齢を重ねるにつれてAGAは進行していきます。なので周囲の人たちと比べるのはそれなりに有効な手段だと覚えておきましょう。

 

AGA対策の一環として育毛剤を導入するのは決して悪い手ではない!

AGAに関する色々なサイトを見ていると「プロペシアやミノキシジルを使わないとAGAは絶対に治らない」といった意見も多く見受けられます。

 

確かに、AGAはジヒドロテストステロンという『男性ホルモン』が原因で引き起こされているわけですので、これを対処しないことには改善されません。

 

しかし、完全にプロペシアだけに頼ってAGAを改善させようというのもそれなりに難しい話です。早い人でも3ヶ月、多くの人は半年〜1年、ある程度AGAが進行している方ならもっと長い期間にわたってプロペシアやミノキシジルを使用し続けなくてはなりません。経済的な面はもちろんですが、できるだけ短期間での結果を出したいと考えるのは当然のことではないでしょうか。

 

そこで個人的にオススメしたいのが育毛剤の導入を検討することです。育毛剤はプロペシアやミノキシジルのように医薬品ではありません。そのため誰にでも確実な効果が現れる保証はどこにもなく、もしかすると「全く意味が無かった」ということも十分ありえます。

 

とはいえ育毛剤は頭皮の血行を促進させる、頭皮の炎症を抑える、頭皮に適度な潤いを与えるなど様々な効果をもたらしてくれます。要するに髪の毛が生える良質な土壌を作る優秀なアイテムが育毛剤。

 

医薬品ではないのでプロペシアやミノキシジルと組み合わせて使用できるのも育毛座の強みのひとつと言えます。そこでここではAGA対策にオススメの育毛剤をいくつかピックアップして紹介します。

 

チャップアップ

20代〜60代の薄毛悩む方のための無添加・無香料の育毛剤です。敏感肌の人でも安心して毎日使えます。ネットを中心に多くの人たちから高い支持を得ている大人気商品。次の成分が育毛効果をもたらします。

 

  • センブリエキス:頭皮の血行を改善させる
  • グリチルリチン酸:頭皮の炎症を抑え、予防する
  • ジフェンヒドラミンHC:同じく炎症を抑え、予防する

 

チャップアップは全額返金保証に対応しており、きちんと『元気保証書』を発行。安心して使えるのも人気のポイントです。またローションタイプ(頭皮に塗布する)だけでなく、姉妹品として育毛サプリメントも販売しており、組み合わせることで頭皮の外側と内側の両方からアプローチできます。

 

ブブカ

日本発の育毛成分『M-034』を業界でもトップクラスに配合している育毛剤がブブカです。M-034には次の効果があります。

 

  • 育毛促進、抜け毛を抑制
  • 毛髪を成長させるサポート
  • 栄養を頭皮に浸透させる
  • 頭皮に豊かな潤いを与える

 

昆布などの褐藻類に多く含まれている成分で、ブブカの独自開発技術『ナノリッチ製法』によって凝縮配合しています。もちろんM-034以外にも様々な育毛期待成分が贅沢に、バランスよく配合されています。

 

姉妹品に育毛サプリメント、育毛シャンプーも用意されているので、これらと組み合わせて利用するのもオススメです。

 

フィンジア

次世代の育毛成分として期待されている『キャピキシル』『ピディオキシジル』を贅沢に配合している育毛剤として大注目。それぞれを簡単に説明すると…

 

  • キャピキシル:男性ホルモンの働きを抑えるイソフラボンを豊富に含んだ「アカツメクサ」と、4種類のアミノ酸で構成された「アセチルテトラペプチド-3」を合成した成分。原因を抑制しつつ、成長する力を高める
  • ピディオキシジル:ミノキシジル誘導体とも。血行を良くすることでより効果的に栄養を髪の毛に送り届けられるようになる

 

フィンジアはこれらの2大育毛成分をより効果的に頭皮に浸透させるため『カプサイシン』も配合しています。カプサイシンはトウガラシに含まれている辛味成分で、口にすると汗が出て、毛穴が開きますよね。毛穴が開くことで、より深くに育毛成分が届くようになる…効果が出やすくなる、という考え方です。

 

従来の育毛剤に満足できず、新たに登場した次世代育毛成分を実感してみたい!という方にオススメです。

 

AGA治療まとめ

ということで今回はAGA治療について色々と紹介してきました。薄毛や抜け毛への関心は日本だけでなく、世界中で高まり続けていて、本当に次々と新しい育毛成分や育毛技術が登場しています。

 

もちろん気になるものがあればその都度紹介していきますが、まずは現状世界中でメインの治療薬として使用されているプロペシアやミノキシジルから検討してみるのが良いのではないかなと思っています。

 

育毛剤を利用するのも個人的には決して悪いことではないと思います。病院でAGA治療を行いながら同時に育毛剤を使って頭皮環境を整えても全く問題が無いわけですので、経済的に余裕があるなら試して見てはいかがでしょうか。

 

今回、文中でも紹介しましたが、AGAの治療はできるだけ早めに取り掛かった方が結果も出やすいです。今はそこまで深く心配はしていないけれど、もしかすると将来ハゲてしまうかもしれない…と心配になっている方はそろそろ行動に移す時が来ているのかもしれませんよ!

AGA

AGA
AGA治療の効果というのは基本的にはクリニックなどで処方されたプロペシア、フィナステリドといったAGA専門の治療薬を服用しているだけである程度の効果を実感することができるものですが、個人差が強く出やすいためなかなか治療効果が出てこないという方もいます。AGAというのは男性ホルモンの働きによって引き起こされている薄毛や抜け毛の症状ですので、身体の内側から改善していかなくてはなかなか効果が現われにくいんです。そこでここでは、AGAの治療効果をより高めるための3つのポイントについて紹介していきます。

 

育毛剤や育毛シャンプーとの併用

AGA治療を行う場合、処方された治療薬を飲んでいれば良いというわけではありません。より高い効果を実感するためには頭皮を育毛に適した環境に整えてあげなくてはならないんです。よく育毛は「畑」で例えられるのですが、どれだけ優れた肥料を使ったり、上質な種を使ったとしても土壌そのものが整っていないと良い作物を作ることは出来ませんよね。同様に、AGA治療を行うときには頭皮の環境が良くなくては健康的な髪の毛は成長することができません。頭皮の環境づくりをするためにも育毛剤や育毛シャンプーなどを上手に活用してより効果をアップさせましょう。

頭皮マッサージを行う

育毛剤や育毛シャンプーを利用する際に同時に頭皮マッサージを行うとAGAの治療効果が高まると期待出来ます。頭皮マッサージを行うとその分頭皮の血行が良くなりますし、蓄積してしまった老廃物や毒素などを流しやすくなります。頭皮マッサージは誰でも簡単にできるものですし、特に道具がなくてもOK。爪を立てないように指の腹で優しくもみほぐしてあげればそれで頭皮マッサージになります。無理にやりすぎて頭皮を傷つけないように注意しましょう。

生活習慣の見直し

育毛剤の効果を高めるのに非常に効果的だと言われているのが生活習慣の見直しです。栄養バランスの取れた食生活、適度な運動を行うこと、十分な睡眠時間を確保すること。また、可能であればできるだけストレスを溜め込まない生活を意識すること。これだけでも随分とAGA治療の効果が高まっていきます。全部を一度に改善するのは難しいかもしれませんが、自分のできる範囲で少しずつ生活習慣を見直してみましょう。


AGA AGA